テナックス® Dry Reinforcements は航空宇宙産業用に特別設計され、高性能、柔軟性、複雑な形状を創出する機能を提供します。

テキスタイル技術と樹脂注入工程を組み合わせることで部品設計の高生産率, 一体構造, 複雑形状, 柔軟性を実現できる優れた可能性を備えました。ここから帝人は, Tenax® Dry Reinforcements Non-Crimp Fabrics (DRNF)(ノンクリンプクロス)および Tenax® Dry Reinforcements Woven Fabrics (DRWF)(織物)の揃った Tenax® Dry Reinforcements (DR)という新たな製品シリーズを開発しました。

製品詳細

両製品は性能において最高の基準を満たすために開発されおり, とりわけ, 航空宇宙産業向けに設計されています。 全ての材料は機おろしのままでも, また改良されたプリフォームおよび靱性能力を持たせても供給可能です。

テナックス®Dry Reinforcements Non-Crimp Fabrics (DRNF)(ノンクリンプクロス)

  • 上市されている最新のNCF技術に基づいています
  • とりわけ, Tenax®-E HTS45 E23 12Kおよび Tenax®-E IMS65 E23 24K炭素繊維については最先端技術
  • 単一の連続生産では一方向あたり7層まで, 面積重量に関しては層あたり約80 gsm以上の可能性(CFタイプによる)
  • 最大材料幅1.27 m (50インチ)
  • 切断技術も利用可能, 例えば5×254 mm(10インチ)の細片
  • ご要望にあわせたロール長

テナックス® Dry Reinforcements Woven Fabrics (DRWF)(織物)

  • 直線繊維配列による優れた材料性能
  • 12Kおよび24K炭素繊維からの100 gsmからのCF面積重量
  • 布幅は, 最小100 mmから最大1600 mmまで, ご要望に応じます。
  • ロール長は, ご要望に応じます。
  • 靭性改良可能
  • プリフォーミング改良可能

当社製品―貴社にとっての利点

  • 材料にほとんどうねりのない, 滑らかで均一な材料表面品質
  • 低下した柔軟な面積重量
  • 優れた機械的プロパティを与えるプリフォーミングと靭性挙動の改良
  • 複雑な形状の部品にも合わせたドレープ性
  • 非常に直線的で平行な繊維配列による今日のプリプレグの基準に合わせた機械的プロパティ
  • プリフォーミングのための低レベルの材料バルク要素
  • 強化されて粉体結着した材料でも達成可能な高繊維含有量(57%超)

代表的用途